JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

2016年

これまでの研究室メンバー (2017年7月現在)

准教授
• 坂本敏郎:京都橘大学准教授

助教
• Nandini Vasudevan: Tulane University, Assistant Professor

Visiting Professor
• Anders Ågmo

Visiting Scientist
• Paolo Manca

ポストドクトラル研究員
• 肖凱:
• 黒田淑子:
• 山口奈緒子:愛知医科大学准教授

ポストドクトラル研究員および一貫性博士課程・博士後期課程
• 津田夢芽子:NIH/NIMH Postdoctoral Fellow
• 佐野 一広:国立環境研究所ポストドクトラル研究員→愛知医科大学助教
• 仲田 真理子 産業技術総合研究所ポストドクトラル研究員

特任助教
• 永田 知代 

博士前期課程
• 小澤貴明
• 内村太一
• 柏村実生
• 肥後明花
• 村田唯
• 冨澤優美
• 高尾明寿香
• 中村 俊一

フロンティア医科学専攻・修士課程・短期留学生
• Carolina Henriques

第2学群人間学類・人間学群心理学類
• 福士碧沙
• 渡井浩太
• 栗原美樹
• 棚原友季
• 小林舞子
• 小林麻里子
• 柿崎美智子
• 水尻亜希子
• 竹内一人
• 武縄聡
• 水野駿介
• 中桐糸穂
• 宮田優花

Category : 研究室メンバー

Nature Index Research Highlights

本研究室のPNAS掲載論文が、Nature Index Research Highlightsで紹介されました。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

https://www.natureindex.com/article/10.1073/pnas.1524907113#highlight

https://www.natureindex.com/highlights/513906bb34d6b65e6a0001aa

Sano, K., Nakata, M., Musatov, S., Sakamoto, T., Tsukahara, Sonoko, and Ogawa, S. 2016 Pubertal activation of estrogen receptor in the medial amygdala is essential for the full expression of male social behavior in mice. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 113, 7632-7637.

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

本研究室出身の仲田真理子さんが第8回心理学独創研究内山記念賞を受賞しました

平成28年度 筑波大学心理学域祭(2016年9月24日、筑波大学東京キャンパス)において、第8回心理学独創研究内山記念賞の表彰式があり、本研究室出身の仲田真理子さんが受賞し、受賞者スピーチを行いました。受賞対象論文は以下の通りです。本研究室からは、第4回(2012年)の津田夢芽子さん、第5回(2013年)の佐野一広さんに続いて3人目の受賞者となりました。

Nakata, M., Sano, K., Musatov, S., Yamaguchi, N., Sakamoto, T., & Ogawa, S. 2016
Effects of Prepubertal or Adult Site-Specific Knockdown of Estrogen Receptor in the Medial Preoptic Area and Medial Amygdala on Social Behaviors in Male Mice.
eNeuro, 3(2) e01555-15.2016 1-14
(Published online: March 23, 2016.)

Category : 研究室ニュース

Tsukuba Global Science Week (TGSW)のご報告

Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2017において、本研究室のテーマとも関連する下記の通りの企画が行われました。

Session 12
Translational Research on Social, Affective and Cognitive Behavior

Session 22
Cognitive and Behavioral Neuroscience

Category : 研究室ニュース 研究室関連セミナー

第25回日本行動神経内分泌研究会での発表と受賞

第25回日本行動神経内分泌研究会において、下記の通り、3題の研究発表を行いました。

1)c-Fos-tTA マウスを用いた社会行動に関わる神経細胞の標識とその機能解析 (research proposal)
   *武縄聡、 小川園子

2)社会的場面におけるマウスの超音波発声の発達的変化と性差
   *齋藤健杜、小川園子

3)Role of Estrogen Receptor α and β in the Medial Amygdala in the Regulation of Anxiety and Social Behaviors in Postpartum Female Mice.
   *Asuka Nishino, Carolina F. Henriques, Shoko Sagoshi,Kazuyo Nagata, Sonoko Ogawa

また、武縄聡さんは、学生発表賞「優秀発表賞」、武縄聡さん、齋藤健杜さんは、トラベルアワードを受賞しました。

Category : 研究室ニュース