JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

2013年

朝日新聞神奈川版で紹介されました

Category : 研究室ニュース メディア報道

筑波大学主催『夏休みサイエンス体験合宿』の際の小川ラボのプログラムがNHKテレビで放映されました

2013年8月に行った、『夏休みサイエンス体験合宿(リケジョプログラム)』の際に小川ラボが行った、
ラウンドテーブルカフェと1日サイエンス実験体験)の様子が、
NHKテレビで放映されました。

2013年9月26日(木)6:10pm ~
NHK水戸放送局、「ニュースワイド茨城」

2013年11月6日(水)5:10pm ~
NHK総合、「ゆうどきネットワーク」

Category : 研究室ニュース メディア報道

第40回日本神経内分泌学会学術集会において、口頭、ポスター発表を行いました

第40回日本神経内分泌学会学術集会において、下記の2題の口頭発表と1題のポスター発表を行いました。

2013年10月25−26日、宮崎市民プラザ
佐野一広、セルゲイ・ムサト、仲田真理子、坂本敏郎、小川園子
思春期での内側扁桃体エストロゲン受容体アルファの欠損が成体期雄マウスの社会行動の発現に及ぼす影響

仲田真理子、佐野一広、セルゲイ・ムサトフ、小川園子
扁桃体内側核におけるエストロゲン受容体βの部位特異的ノックダウンが雄マウスの社会行動に及ぼす影響

金谷萌子、津田夢芽子、佐越祥子、永田知代、森本千尋、栗原良平、加藤茂明、小川園子 塚原伸治
性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の領域特異性

Category : 研究室ニュース

第66回日本自律神経学会大会において、招待シンポジウム講演を行いました

第66回日本自律神経学会大会において、下記の通り招待シンポジウム講演を行いました。

日時 平成25年10月24日(木)
場所 ウインク愛知(名古屋)

シンポジウム2「ストレス応答と性差:動物実験からヒトまで」
小川園子
情動・社会行動の性差

Category : 研究室ニュース

第84回日本動物学会 岡山大会 2013にて、行動神経内分泌学関係のシンポジウムを行いました

第84回日本動物学会大会において、JSBNメンバーが企画、講演者となったシンポジウムを行いました。

脊椎動物の行動を制御する脳とホルモンのはたらき:行動神経内分泌学研究の最前線
2013年9月28日(土)
オーガナイザー:
  塚原伸治(埼玉大学・理工学研究科・生命科学部門)
  小川園子(筑波大学・人間系・行動神経内分泌学研究室)

講演者
  前川文彦(国立環境研究所環境健康研究センター):ニワトリ脳原基移植で明らかになった
    脳の性分化の新たな仕組み
  塚原伸治(埼玉大学大学院理工学研究科):雄ラットの性的覚醒を引き起こす神経機構
  加川 尚(近畿大学理工学部):魚類の社会行動と神経内分泌
  小澤一史(日本医科大学大学院医学研究科):Kisspeptinニューロンを上位統合中枢とする
    新しいHPG軸の構築

Category : 研究室ニュース 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)