JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

2010年

第33回日本神経科学大会 ポスター発表の報告

小林麻里子他
日本語演題名: 思春期のステロイドホルモン環境が性・攻撃および情動行動に及ぼす影響
英語演題名: Organizational effects of pubertal testosterone on socio-sexual and emotional behaviors in male mice.

佐野一広他
日本語演題名: 内側視索前野における脳部位特異的なエストロゲン受容体アルファの遺伝子発現操作が雄マウスの性・攻撃行動に及ぼす影響
英語演題名: Brain site specific knockdown of estrogen receptor alpha in the medial preoptic area reduced sexual but not aggressive behavior in male mice.

Tsuda, M.C. et al.
日本語演題名: N/A
英語演題名: Adverse early life experiences alter the development of social interactive behaviors in adult C57BL/6J female mice.

山口奈緒子他
日本語演題名: 社会的認知機能の制御におけるオキシトシン受容体の役割
英語演題名: Role of oxytocin receptor in the regulation of social recognition in mice.

仲田真理子他
日本語演題名: CLICK-III遺伝子ノックアウト雄マウスの行動特性
英語演題名: Behavioral characteristics of CLICK-III/CaMKIgamma knockout male mice in social and non-social context.

坂本敏郎他
日本語演題名:Draxinノックアウトマウスにおける情動、社会行動および記憶、学習機能の障害
英語演題名: Impairment of socio-emotional behavior and memory function in Draxin (Dorsal
repulsive axon guidance protein) knockout mice.

Category : 研究室ニュース

第13回 行動神経内分泌研究会の報告

第13回 行動神経内分泌研究会は、82名の参加を得て、無事に終了しました。今回は、初めての参加という方が多く、以前にも増して充実した研究発表および活発な質疑応答が展開されました。日本における行動神経内分泌学研究の最先端を担うグループとしての発展を期待できる極めて有意義な機会となったものと自負しております。参加いただいた皆様に、感謝したします。

Category : 研究室ニュース 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

第33回日本神経科学大会シンポジウムにて講演しました

第33回日本神経科学大会シンポジウム 
『社会的絆形成の脳内機構に関する行動神経内分泌学研究の最前線』(企画:小川園子) 
2010年9月2-4日 神戸
Title: Neural, Hormonal and Experiential Control of Socio-Sexual Behavior, Social Recognition and Social Bonding.
(社会行動、社会的認知、社会的絆形成を司る行動神経内分泌機)
http://www.neuro2010.org/symposium_list/index.html

Category : 研究室ニュース

第33回日本神経科学大会シンポジウム  『社会的絆形成の脳内機構に関する行動神経内分泌学研究の最前線』の報告

第33回日本神経科学大会にて、『社会的絆形成の脳内機構に関する行動神経内分泌学研究の最前線』と題したシンポジウムを行いました。大会第一日目8:30からのシンポジウムであったにもかかわらず、会場がほぼ満員になるほどの皆様にご参加いただき、5題の講演及び活発な質疑が行われました。現代社会における社会的絆の確立の重要性、更に、社会的絆形成にかかわる行動神経内分泌研究の果たす役割の大きさを再認識する機会となりました。大会プログラム委員会、講演者の皆様、ご参加いただいた皆様に感謝いたします。

Category : 研究室ニュース

第13回 行動神経内分泌研究会のプログラムが決定しました

第13回 行動神経内分泌研究会のプログラムが決定しました。JSBNのメーリングリストにご登録いただいている方々には、すでにメールでお知らせした通りです。宿泊は締め切りましたが、宿泊なしであれば、当日参加も歓迎したします。参加ご希望の方は事務局まで、ご一報ください。

では、皆様にお目にかかるのを楽しみにしております。

添付ファイル: 13th JSBN Program Short Version.pdf

Category : 研究室ニュース 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)