JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

2008年

2008年度卒業論文

2008/12/19(金)

小川研究室の4年生の仲田真理子さん(第二学群人間学類心理学専攻)が、「性ステロイドホルモンによるマウスの摂食行動と体重の制御:ノックアウトマウスを用いた解析」と題した卒業論文を提出しました。口頭発表会は、2009年1月28日(水)に行われました。

Category : 研究室ニュース

第8回行動神経内分泌研究会が行われました

2008/11/25(火)

第8回行動神経内分泌研究会は、11月21日に、東京大学(世話人:松脇先生)の農学部7号館A棟114/115室にて開催されました。

演題
「ICRオスマウスの歌解析:性経験による歌の変化」
中西香織さん (麻布大学伴侶動物学研究室)

「 ICRマウスの父性行動:経験とステロイドの関係」
竹下祥太さん (麻布大学伴侶動物学研究室)

「母子間における母マウスのストレス軽減作用」
高島明秀さん (麻布大学伴侶動物学研究室)

「発達期ストレスによるBDNF低下メカニズム:組織学的検討」
鴇田美香さん (麻布大学伴侶動物学研究室)

「神経ペプチドN/OFQ(Nociceptin/orphanin FQ)は依存性薬物の報酬作用を抑制する」
佐郡和人さん (理化学研究所 脳科学総合研究センター)

添付ファイル: 第8回行動神経内分泌研究会.pdf

Category : 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

Symposium Talks in Malaysia

2008/11/10(月)

マレーシアにて、下記の2題のシンポジウム講演を行いました。
• Ogawa, S. Neuroendocrine Basis of Reproduction: What Can We Learn from the Mouse?
Symposium on "Recent Advances in Reproduction." Universiti Teknologi Mara, Shah Alam, Malaysia, October, 2008.

• Ogawa, S. Introduction to Behavioral Analysis of Genetically Modified Mice.
Seminars on "Production and Management of Transgenic and SPF Rodents for Biomedical Research." Monash University, Malaysia, November, 2008.

添付ファイル: Malaysia Talks 2008.pdf

Category : 研究室ニュース

日本動物心理学会第69回大会(9/25-27)で発表しました。

本大会

・ 坂本敏郎・小川園子・遠藤昌吾   
  扁桃体はマウス瞬目反射条件づけに重要な役割を持つ

・ 柏村実生・津田夢芽子・K. E. Hood・C. L. Sisk・坂本敏郎・小川園子  
  思春期のステロイドホルモン環境  が情動・社会行動に及ぼす影響


自由集会 周生期・周産期の内分泌かく乱は心と行動に何をもたらすのか?

・ 坂本敏郎  
  妊娠期のダイオキシン曝露が仔マウスの行動に及ぼす影響 

Category :

「都市化社会に代表される社会の変容が脳の健全な成育におよぼす影響についての二国間研究」学術集会

2008/10/28(火)

「都市化社会に代表される社会の変容が脳の健全な成育におよぼす影響についての二国間研究」(KIZUNA2008)学術集会が筑波大学大学会館にて開催され(2008年10月23日−25日)、本研究室からは、1題のシンポジウム講演と3題のポスター発表を行いました。

Symposium
• Ogawa, S. Behavioral Neuroendocrine Bases of KIZUNA Formation.

Posters
• Sano, K., Nakata, M., Sato, K., Watai, K., Uchimura, T., Nagata, K., Tsuda, M. C., Wintermantel, T. M., Elzer, J., Schütz, G., Xiao, K., Ogawa, S., and Vasudevan, N. Neuron specifc ERα and its involvement in aggressive and sexual behavior of mice.
• Tanahara, Y., Tsuda, M. C., Nagata K., Higo S., and Ogawa S. Disrupted development of aggressive behaviors in maternally separated males.
• Nagata, K., Tanaka, M., Tsuda., M. C., Nakanishi, T., and Ogawa, .S. Effect of prenatal estrogen on emotional and aggressive behavior in female mice.

Category : 研究室ニュース