JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

Lab Topics 

日本行動神経内分泌学研究会にて村川友哲さんが最優秀発表賞を受賞しました

本研究室の博士後期課程2年の村川友哲さんが、下記の通り、最優秀発表賞を受賞しました

第32回日本行動神経内分泌学研究会
2020年9月1日 東北大学(オンライン)
「最優秀発表賞」
「排卵期の翌日に雌の性行動が抑制される神経内分泌学的メカニズムの検討」

Category : 研究室メンバー 研究室ニュース

第63回 こころの科学セミナーが開催されました

添付ファイル: KOKORO Seminar 63.pdf

Category : 研究室ニュース 研究室関連セミナー

第62回 こころの科学セミナーが開催されました

添付ファイル: KOKORO Seminar 62.pdf

Category : 研究室ニュース 研究室関連セミナー

第42回日本神経科学会大会において、公募国際シンポジウムを企画・開催しました

Title
Recent Progress in Gonadal Steroid Action on the Modulation of Multiple Brain Functions and Behaviors.

Chairs
Sonoko Ogawa, University of Tsukuba
Nandini Vasudevan, University of Reading, UK

Program
Sonoko Ogawa, University of Tsukuba
Introduction

Nandini Vasudevan, University of Reading, UK
Non-genomic signaling by estrogens via the G-protein coupled estrogen receptor 1 (GPER1) are important for social behaviours.

Catherine S Woolley, Northwestern University
Latent Sex Differences in Acute Estradiol Modulation of Excitatory Synapses in the Hippocampus

Shinji Tsukahara, Saitama Univ
Sexual differentiation of calbindin neuron in the preoptic area

Kathryn M Lenz, The Ohio State University, USA
Innate immune cells are crucial regulators of hormonally-driven sexual differentiation of brain and motivated behavior

Kazuhiro Sano, University of Tsukuba
The role of estrogen receptors in the regulation of male and female social behaviors.

Category : 研究室ニュース 研究室関連セミナー

筑波大学SDGs取り組み紹介サイトに本研究室情報が公開されました

筑波大学リサーチユニット「社会性樹立のホルモン基盤についての行動神経科学」の活動の一環として、
「社会脳:社会的絆を育むホルモンのはたらき」プロジェクトが掲載されています。

詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.osi.tsukuba.ac.jp/sdgs/archives/en/effort/r-9
https://www.osi.tsukuba.ac.jp/sdgs/

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果