JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

Research Highlight 

筑波大学SDGs取り組み紹介サイトに本研究室情報が公開されました

筑波大学リサーチユニット「社会性樹立のホルモン基盤についての行動神経科学」の活動の一環として、
「社会脳:社会的絆を育むホルモンのはたらき」プロジェクトが掲載されています。

詳しくは、下記をご覧ください。
https://www.osi.tsukuba.ac.jp/sdgs/archives/en/effort/r-9
https://www.osi.tsukuba.ac.jp/sdgs/

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

ノルウエー・トロムソ大学 Dr. Anders Ågmoとの国際共同研究論文を発表しました

Estrogen receptorsαandβin the central amygdala and the ventromedialnucleus of the hypothalamus: Sociosexual behaviors, fear and arousal infemale rats during emotionally challenging events.

Olivia Le Moënea, Mihaela Stavarache, Sonoko Ogawa, Sergei Musatov, Anders Ågmo

Behavioural Brain Research, 367, 128-142.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30928462

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

Paper on "Hippocampal Functional Organization" by Dr. Pavlides was published.

Hippocampal functional organization: A microstructure of the place cell T network encoding space

Constantine Pavlidesa, Tomohiro Donishia, Sidarta Ribeiroa, Claudio V. Melloa, Wilfredo Blanco, Sonoko Ogawa

Neurobiology of Learning and Memory, 161, 122-134, 2019

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30965113

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

月刊「細胞」(ニューサイエンス社)に論文を掲載しました

下記の総説を月刊「細胞」(ニューサイエンス社)に投稿し、掲載されました。

性ステロイドホルモンによる社会行動神経ネットワークの構築と機能調節
Regulation of social behavioral neural networks by sex steroid hormones

小川 園子・佐野 一広
By Sonoko Ogawa, Kazuhiro Sano

細胞, 51, 41-43, 2019

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

日本小児精神神経学会第120回記念大会において講演しました

特別講演:社会性の形成と維持を司る脳の働き・ホルモンの働き
2018年12月16日  日本消防会館

日本小児精神神経学会第120回記念大会は、筑波大学人間系、および大学院感性認知脳科学でお世話になりました宮本信也先生が大会長で開催されました。

https://www.jsppn.jp/120th/03.html

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果