JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

News and Notes

第23回日本行動神経内分泌研究会・第42回日本神経内分泌学術集会 合同大会 演題登録について

下記の通り、第23回日本行動神経内分泌研究会・第42回神経内分泌学会の合同大会の演題登録期間が延長となりましたので、お知らせいたします。演題登録に際しては、所属学会のチェックをお忘れなく、よろしくお願いいたします。あわせて、参加登録もお願いいたします。

【演題登録】
当初5月末を締め切りとしておりましたが,6月8日(月)まで延長いたしますので,ふるって演題登録をしていただきますようお願い申し上げます.演題登録は下記リンクより演題登録にアクセスのうえ,案内にお従いください.
http://www.bio.is.tohoku.ac.jp/~jns42/

確認・修正画面のURLは以下のとおりとなります.
https://endai.umin.ac.jp/reg/kakuninform.cgi?site_id=A00710-00015-012

Category : 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

第23回日本行動神経内分泌研究会サテライトミーティングの概要

第42回日本神経内分泌学術集会との合同大会後に、下記の通りサテライトミーティングを行います。

すべてのプログラムについて、非会員の皆様にもご参加いただけます。
合同大会に引き続き、是非、ご参加いただければ幸いです。

第23回日本行動神経内分泌研究会サテライトミーティング
 会 期:2015年9月19日(土)-20日(日)
 会 場:
  9月19日(土)午後4ー6時:仙台市戦災復興記念館
  9月20日(日)午前9ー午後1時:KKRホテル 仙台 http://www.kkr-hotelsendai.gr.jp
 会 長:小川園子(筑波大学)

 プログラム
  9月19日(土)
   サテライトシンポジウム「行動神経内分泌研究の最前線」
      講演予定者:菊水健史(麻布大学)、塚原伸治(埼玉大学)、掛山正心(早稲田大学)他
      座長:近藤保彦(帝京科学大学)、富原一哉(鹿児島大学)
      午後4ー6時:仙台市戦災復興記念館
   
   JSBN懇親会
      午後7時より:KKRホテル仙台
 
  9月20日(日)
   教育講演1:竹内秀明先生 (岡山大学)
   特別講演2:戸張靖子先生 (早稲田大学)
   特別講演3:種村健太郎先生 (東北大学)
   2015年度日本行動神経内分泌研究会総会、運営委員会
      午前9ー午後1時:KKRホテル 仙台 


 JSBN会員の皆様については、現在、KKRホテル宿泊(17、18,19日の3泊)を含む参加登録受付中です。
 詳しくは、JSBNメーリングリストでお知らせしておりますのでご参照の上、参加登録をお願いいたします。

Category : 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

第23回日本行動神経内分泌研究会のご案内

第23回の行動神経内分泌研究会は、下記の通り、第42回日本神経内分泌学術集会との合同大会として、下記の通り開催します。演題登録(口頭、ポスター発表)は、5月31日まで、事前参加登録は7月31日までとなります。多くの皆様の演題登録、ご参加をお待ち申し上げております。

第23回日本行動神経内分泌研究会・第42回日本神経内分泌学術集会 合同大会
 会 期:2015年9月18日(金)-19日(土)
 会 場:仙台市戦災復興記念館 http://www.city.sendai.jp/aoba/sensai/basic_info/
    〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号(Tel 022-263-6931)
 会 長:井樋慶一 (東北大学) 小川園子(筑波大学)
 大会テーマ:Neuroendocrinology: Vision of a New Era 新時代を展望する神経内分泌学
 大会HP:http://www.bio.is.tohoku.ac.jp/~jns42/


第23回日本行動神経内分泌研究会サテライトミーティング
 会 期:2015年9月19日(土)-20日(日)
 会 場:
  9月19日(土)午後4ー6時:仙台市戦災復興記念館
  9月20日(日)午前9ー午後1時:KKRホテル 仙台 http://www.kkr-hotelsendai.gr.jp
 会 長:小川園子(筑波大学)


国際シンポジウム 'Parvo- and Magnocellular Symposium in Sendai'
 開催日:2015年9月17日(木)
 会 場:東北大学医学部艮陵会館 http://www.nissoken.com/s-map/251-10.html
    〒980-0873 仙台市青葉区広瀬町3-34(Tel 022-227-2721)
 会 長:井樋慶一 教授(東北大学)
 シンポジウムテーマ:Creating a New Stream of Neuroendocrinology
 招待講演者:
  Jeffrey G. Tasker (Tulane University)
  James P. Herman (University of Cincinnati)
  Greti Aguilera (NIH/NICHD)
 シンポジウムHP:http://www.bio.is.tohoku.ac.jp/~crf/

添付ファイル: 合同大会ポスター.pdf

Category : 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

2014年度、小川研究室の学位論文および学生表彰

平成26年度筑波大学大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻・博士前期課程・修士論文
修士(行動科学)
• 冨澤 優美:新生仔期母仔分離経験による 情動・社会行動変容に関わる オキシトシン受容体の役割
• 高尾 明寿香:抗不安薬が雄マウスの社会的探索行動に及ぼす影響

平成26年度筑波大学人間学群・心理学類・卒業論文
学士(心理学)
• 中桐 糸穂:カクレクマノミの社会的地位形成に関する研究
• 齋藤 健杜:雄マウスの超音波発声に関する研究

人間学群長賞(優秀な研究業績)
• 心理学類・中桐糸穂

Category : 研究室ニュース