JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

News and Notes

第39回 日本神経科学会での研究発表

第39回 日本神経科学会大会において、下記の通り、シンポジウム講演とポスター発表を行います。

Symposium Talk
July 21, 2016
Sonoko Ogawa
Hormonal Influences on Social Brain: Modification of Sex-Typical Social Behaviors by Hormonal and Environmental Factors
In "Behavior Directed toward Others: Neural and Endocrine Regulation of Brain and Mind Development"

Poster Presentation
July 21, 2016
LBA2-026
Nakata, Ågmo, Sagoshi, and Ogawa
Disruption of the establishment of hierarchical social relationship in estrogen receptor β knockout male mice.


Category : 研究室ニュース

第25回日本行動神経内分泌研究会のご案内

第23回の行動神経内分泌研究会は、下記の通り、早稲田大学掛山先生のお世話で、熱海にて開催の予定です。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

日時:2014 年 9 月13 日(火) 〜 9 月15 日(木)
会場・宿泊:ホテル・サンミ倶楽部(静岡県和田浜南町5−8)

添付ファイル: 25th JSBN お知らせ.pdf

Category : 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

佐野一広さんの論文がPNASに掲載されました。

思春期に性ステロイドホルモンが内側扁桃体のエストロゲン受容体アルファへ作用することにより、雄タイプの社会行動の表出の基盤となる神経回路が構築されることを示す下記の研究が、Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)に掲載されました。

Kazuhiro Sano, Mariko Nakata, Sergei Musatov, Masahiro Morishita, Toshiro Sakamoto, Shinji Tsukahara, and Sonoko Ogawa
Pubertal activation of estrogen receptor  in the medial amygdala is essential for the full expression of male social behavior in mice.
June 20, 2016 Early Edition

本研究の概要は、筑波大学HPに掲載されています。
http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201606210400.html

Category : 研究室ニュース

研究室メンバー (2016年4月現在)

教授
• 小川 園子
• Constantine Pavlides

助教
• 高橋 阿貴

研究員
• 山本 三幸
• 西野 明日香
• 永田 知代  

感性認知脳科学専攻・博士後期課程
• 仲田 真理子 DC3
• 佐越 祥子  DC3
• Jiyeon Cho DC1
• 武縄 聡   DC1

感性認知脳科学専攻・博士前期課程
• 齋藤 健杜  MC2
• 中村 俊一  MC2

フロンティア医科学専攻・修士課程・短期留学生
• Carolina Henriques MC2
  
事務補佐員
• 下ヶ橋 朱美

技術補佐員
• 浅野 由美

Category : 研究室メンバー

仲田真理子さんの博士論文最終審査が行われました

仲田真理子さんの博士論文審査会が下記の通り行われ、小川研究室から、3人目のDoctorが誕生しました。

申請者:仲田真理子(感性認知脳科学専攻 後期3年次)
論文題目:Roles of estrogen receptor β in the regulation of social behaviors in male mice

日時:平成28年4月8日(金)11:00〜12:30
場所:総合研究棟D 1階 マルチメディア室(D117)

Category : 研究室ニュース