JAPANESE ENGLISH HOME

行動神経内分泌学研究室

News and Notes

The Third Sino-Japan Workshop and the 30th Meeting of the JSBN

JSPSの支援を受けて、下記の通り、第3回日中2国間セミナーを開催します。

行動神経内分泌学研究の最前線に関する日中2国間シンポジウム
The Third Sino-Japan Symposium on the Frontier of Behavioral Neuroendocrinology 

2019年3月20〜22日
筑波大学総合研究棟D1階  

China Side PI: Professor Dingzhen Liu, Beijing Normal University
Japan Side PI and Host: Professor Sonoko Ogawa, University of Tsukuba
Co-Host: Professor Larry J. Young, University of Tsukuba/Emory University,USA
          

Category : 研究室ニュース 今後の講演・セミナー予定 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)

社会的関係性の構築に果たすERbの役割に関する研究論文

雄マウスが他の個体との社会的関係性を築く際にERbが関与していることを示唆する研究論文を発表しました。

Nakata, M., Ågmo, A., Sagoshi, S., and Ogawa, S. 2018 The role of estrogen receptor beta (ER beta) in the establishment of hierarchical social relationships in male mice. Frontier in Behavioral Neuroscience, October 22. doi: 10.3389/fnbeh.2018.00245.

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

日本神経内分泌学会学術集会にて佐越祥子さんが若手研究奨励賞を受賞しました

佐越祥子さんの研究発表が,日本医科大学で行われた第45回日本神経内分泌学会学術集会(2018年10月27-28日)において若手研究奨励賞を受賞しました。

発表演題名:アンドロゲン受容体とエストロゲン受容体アルファの共発現が雄マウスの社会行動の表出に果たす役割

Category : 研究室メンバー 研究室ニュース

Dorsal Raphe Nucleus におけるERb発現が、雌マウスの性行動の抑制に関与していることを示す論文

下記の通り、Dorsal Raphe Nucleus におけるERb発現が、雌マウスの性行動の抑制に関与している可能性を示す研究成果を発表しました。

The role of estrogen receptor in the dorsal raphe nucleus on the expression of female sexual behavior in mice.
By Sano, K., Morimoto, C., Nakata, M., Musatov, S., Tsuda, M.S., Yamaguchi, N., Sakamoto, T., and Ogawa, S.
Frontier in Endocrinology, doi: 10.3389/fendo.2018.00243, 2018.

Category : 研究室ニュース 注目の最新研究成果

The Social Brain: Social Neural Networks Research Unit Kickoff Symposium 開催のご報告

筑波大学人間系海外招聘教育研究ユニットのKickoff Symposium および 第28回JSBNは、約80名の皆様に参加いただき、盛会のうち終了いたしました。ご講演いただいた先生方、ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます。

Category : 研究室ニュース 日本行動神経内分泌研究会 (JSBN)