博士前期課程

感性科学領域

感性科学領域イメージ

感性は、モノを使ったりシステムを経験する際に意識される前に活動する人間のこころのプロセスです。感性科学領域の研究対象である感性は、デザインをはじめとする創造的行為やユーザと環境とのインタラクションが関わるプロセスの全域であり、「こころ」の時代における創造行為やユーザビリティ評価、モノを通じた社会コミュニケーションの理論的サポートとなることが期待されています。

教育では、感性を理解するために融合的研究課題を多角的に解析できる能力と多方面の知識と専門技術を社会で応用できる実践力をもち、社会で指導的牽引力を発揮してデザインなどのモノづくり・コトづくりのプロセスにおいて、人間と人工物のよりよい関係を構築するなど、複合的問題を解決できる高度専門職業人を育成します。

  1. コースワーク: 学際的視点に立って、感性の理解・デザインの実践、人間工学を基盤にしつつも、感性の働きに関係する認知心理学, 神経科学, 行動科学などの複数の専門を平行して学ぶことのできるカリキュラムを提供しています。
  2. 研究者養成としては、感性科学の研究を中心課題に据え、認知科学・脳科学やロボット工学、計測工学などの関連する専門課題を分野横断的に学び、創造性や感受性などの感性の働きを解明する研究者への基礎を学びます。
  3. 高度職業人養成では、単なるデザインの実務者を超えた、デザイン開発に不可欠な感性科学あるいは人間工学、生理学・心理学の研究経験を積んだ人材を育成し、デザイン実務、インタラクション研究、商品企画、販売戦略などを架橋するための基礎を学びます。
  4. 修了生は後期課程に進学するだけでなく、メーカーのデザイナーや研究部門で感性工学の研究と商品企画を担当するなど、社会で活躍しています。
  5. 修了生の進路:マツダ、LG、デンソー、ソニー、モトローラ、シャープ、ブラザー、大日本印刷、KENTO 照明、パイオニア、Yahoo、U’eyes デザイン、博報堂プロダクツ、特許庁、ジョンソン&ジョンソン、倉敷化工、チームラボ、筑波大学(進学)、他

研究題目

  • 2次元のインタラクティブグラフィックスにおける内容伝達効果
  • カメラ角度と照明の方向が喜び顔の印象に及ぼす影響
  • 製品のディティルの感性品質評価を活かしたデザインプロセスに関する研究
  • 製品の形態認識と操作行動の関係性
  • 映像の印象評価における感性反応
  • パッケージに対する触体験がスナック菓子の購入意志決定に与える影響
  • 映像による酔いや視覚疲労等の生体影響に関する研究
  • 主観的感覚の脳機能計測による定量的評価技術の研究
  • ヒトの視覚的注意・記憶特性の研究