博士前期課程

大学院教育に対する社会的ニーズはこの数年の間に多様化し、教育目的に従来の大学教員や研究者の育成に加え、高度情報化社会のさまざまな 分野で要求される高い専門性を身につけた人材の養成と企業や地域などの現場においてリーダーシップを発揮できる人材の育成が求められるよう になってきました。このような現在の社会要請に即応して、感性認知脳科学専攻は平成20 年度より平成13 年度の発足当初から継続してきた5 年一貫制を廃止し、区分制へ教育システムを改変しました。感性認知脳科学専攻博士前期課程は、幅広い人材育成という教育理念のもとに新しく 制度設計された大学院教育の前半の2年間を担当する教育課程で、高度専門職業人養成に即した教育内容が拡充・整備され、修士の学位取得後の 進路選択の流れが改善されました。高い教育の実効性を保証するために、教授に加え、新たに准教授による研究指導制度を導入し、多様な教育ニー ズに答える体制が組まれています。

感性認知脳科学専攻は、既存の学問体系だけでは解明できない「感性」を含めた人間のこころについて探求するために、芸術学・心理学・障害 科学・神経科学・医学をそれぞれ専門とする異分野の教員が集結し、人間の本質に迫る融合的教育研究を通して、国内外で活躍できる高度の専門 知識と技術を身につけた人材の育成を目指しています。博士前期課程で開講される科目には、平成18 年度に採択された大学院教育グッドプラン「魅 力ある大学院教育」イニシアティブ:先導的・国際的な「こころ」の科学者の育成プログラムを通して、学生・教員の隔てなく専攻所属の皆が一 緒になって考え、議論し、その実践から得られた豊かな知恵と教育方法論がふんだんに盛り込まれています。前期課程の組織構成はゆるやかな専 門的枠組みとし、感性科学領域・行動科学領域・神経科学領域という3 領域で構成されています。大学院学生の皆さんは、各領域が行う異分野横 断型の新鮮な教育内容に触れることで、世界のどの国においても味わうことができないような「感性」や「こころ」についての見方や捉え方がきっ と学べると思います。近い将来に本専攻で習得した異分野横断的なものの考え方や方法論を活かして、研究者として、或は実社会のさまざまな分 野で存在感のある人として大いに活躍することを期待しています。

感性科学領域

感性は「こころ」の時代における創造行為やユーザビリティ評価、モノを通じた社会コミュニケーションの理論的サポートとなることが期待されています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。