博士後期課程

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野イメージ

感性とは、人間が非意識的に、ある情報を取り扱い表現可能なかたちであらわす時に多用されてきた。さらには、そうして作られた人工物から何かを「感じる」時に、利用者個々人が常に使ってきた実感としてのプロセスです。

感性デザイン学分野は、学際的視点に立って、人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、概念の設計からデザイン評価までのデザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。その成果を社会に向けて有効に還元し、社会に対するオピニオンリーダーとしての役割を担う、国際性を培った研究者・教育者を養成します。

特に、創造性などの非意識的な知識や情報を実践的に活用し、音楽、映像などマルチメディアを用いた感性インタラクションや生命システム的なアプローチなど、創造物が利用者にとって直感的に理解できるような現象を理論的な裏づけとともに身につけるための課程です。

研究対象は、インタフェース、情報デザイン、プロダクト、ユニバーサルなどのデザインに関わる方法や評価から、マーケティング技術、医療技術、マネージメント、技術開発、といった広範囲にわたり、デザイン、美術、工学などの芸術および工学系各分野と密接なつながりを持ちつつも、分野横断的かつ人間の生活に直結する研究が特色です。

  1. コースワーク:学際的、国際的視点に立って、人間のこころの創造力のもとである感性の働きに関連した融合的研究課題について多方面の知識と専門技術を学び、社会で応用できる実践力と組織で複合的問題を解決する指導的牽引力を備えた高度専門職業人を養成するため、研究を軸としながらも専門外国語などに精通するカリキュラムを提供します。
  2. 育成する人材:単なるデザインの実務者を超えた、デザイン開発に不可欠な感性科学あるいは生理学・心理学の研究経験を積んだ人材、特に、現場においてはデザイン実務とインタラクション研究などを架橋する役割を果たすことを期待される人材を育成しており、修了生は大学教員や研究員として活躍する他、家電メーカーの研究部門で感性インタフェースの研究者、デザイナーなどとして社会で活躍しています。
  3. 修了生の進路:博士(感性科学)修了者は、筑波大学、北海道大学、千葉大学、筑波技術大学、工学院大学、東京工科大学、首都大学東京、北京理工大学、公立はこだて未来大学、札幌市立大学、アイントホーフェン工科大学(オランダ)、長崎総合科学大学、芝浦工業大学、千葉工業大学、弘益大学(韓国)、広島国際学院大学、滋賀県立リハビリテーションセンター、ロレアルジャパン、室蘭工科大学、産業技術大学院大学、女子美術大学、他で教職・実務を勤めている。

研究題目

  • デザインにおける形態の感性評価−形態の感じ方による新たなユーザーカテゴライズ
  • 情報機器のユーザビリティに関する感性科学的アプローチ
  • パーソナリティと思考パターン特性の国際的比較