博士後期課程

比較認知科学分野

比較認知科学分野イメージ

比較認知科学分野では,実験動物を用いた研究を通して行動および心的機能について多角的なアプローチを試みている。

小川研究室では、入念な行動解析を通してまず行動そのものを理解した上で、行動の発現を制御している神経内分泌メカニズムを解明することを目指した研究を進めている。すなわち、マウスの性行動や養育行動といった生殖関連行動や、攻撃行動、社会的相互作用、不安関連行動などの情動行動、さらに学習・記憶機能が、種々のホルモンの中枢神経系への作用によってどのようにコントロールされているのかに注目している。特に、転写制御因子としてのエストロゲンレセプターがステロイドホルモンによる行動の制御にどのように関与しているのか、さらにはその神経内分泌学的、神経解剖学的基礎がどのようものであるのかなどを解明するために、分子生物学的手法を取り入れた行動研究を意欲的に進めている。

また感性認知脳科学専攻内や医学、生命科学関係研究科の研究室との共同研究を積極的に進めることにより、幅広い視野を持った、行動神経科学および行動神経内分泌学の専門研究者を養成することを目指している。従って、心理学、生物学、人間科学、生命科学、医学、神経科学などの学部卒業生の応募を期待している。

一方、加藤研究室では、筑波情動系ラットや高・低活動系マウスといった選択交配系動物を用いた行動遺伝学実験、マウス用オペラント実験システムを用いた心理学行動実験、さらに認知科学の情報処理アプローチなどに基づき,心的機能の種間比較を行ないながら,心の起源の探求を通して「心とは何か」の問題に迫ることを目指した研究を進めている。それにより、学際的視点から,心の問題に関して優れた知見を提供できる人材の育成を目指している。

研究題目

  • 情動・社会行動の神経内分泌基盤の解明
  • マウスにおける社会性と情動の発達に関する研究
  • 行動や脳機能の性分化