博士後期課程

行動神経科学分野

行動神経科学分野イメージ

行動神経科学分野では、神経科学の一分野として脳の機能を行動科学的に研究している。同時に、ヒトの心(精神)のメカニズムを知ろうとする心理学の一分野として、動物やヒトの行動のメカニズムを生物学的、とくに神経学的基盤のもとに解明することを目指している。なかでも本分野では、とくに記憶・学習のような、経験によるヒトや動物の行動の変容に焦点を当てて研究している。

具体的には、ラットやマウスを用いて、それらの動物の記憶・学習能力を測定する方法の開発、これらの記憶・学習課題での成績に及ぼす脳損傷、神経毒投与、薬物投与の影響、記憶障害を有する各種神経変性疾患のモデル動物の開発、学習・記憶過程における神経伝達物質、伝達物質受容体の関与やその機構の解明に興味を持ち、研究を進めている。ゲッ歯類の有するすぐれた空間記憶、作業記憶の能力は注目すべき点が多く、それらがどのようなメカニズムで発現しているかを、行動科学、生理心理学、行動薬理学の方法を用いて実験している。また、精神疾患モデル動物を用いた向精神薬効果の評価にも取り組んでいる。

研究題目

  • 空間記憶,作業記憶における海馬の役割
  • 脳内グルタミン酸受容体と記憶・学習
  • 嫌悪記憶の消去の脳内メカニズム