本専攻の学生が第45回日本神経内分泌学会学術集会において若手研究奨励賞を受賞

佐越祥子氏(博士後期課程3年次)の研究発表が,日本医科大学で行われた第45回日本神経内分泌学会学術集会(2018年10月27-28日)において若手研究奨励賞を受賞しました。

発表演題名:アンドロゲン受容体とエストロゲン受容体アルファの共発現が雄マウスの社会行動の表出に果たす役割