本専攻の学生が第1回ヒト脳イメージング研究会において研究奨励賞を受賞

長坂和明氏(博士後期課程3年次:日本学術振興会特別研究員)の研究発表が、玉川大学にて行われた第1回ヒト脳イメージング研究会(2017年9月1-2日)において研究奨励賞を受賞しました。

発表演題名:functional MRIによるマカクサル脳卒中後疼痛モデルの脳活動計測および病的痛みとの因果性の解明
発表者:長坂和明、高島一郎、松田圭司、肥後範行